2019年08月18日 17:31  カテゴリ:エンドレス鈴木のQ&Aコーナー

どうして,私が 黒い車や濃い色の車が好きなのか ⁉

私は、 小さい時、 親から買ってもらった おもちゃを いじくり回し、 どうして こんな風になっているのか、 ばらして 壊してました。
いつも、親からは 怒られて、 もう、買ってやらないて、言われていました。




そのうち、 プラモデルに興味を持ち、 組み立てるようになりました。
しかし、 プラモデルには、色がついてないんです。 何か味気ないものがあります。
そうこうしているうちに小学校高学年ぐらいになると プラモデル自体に ペイントするようになりました。
ペイントした 零戦を、 釣り糸で 天井から吊るして、眺めていたこともありました。
もちろん、引きこもりじゃありません。
みんなとワイワイ遊んだり スポーツもしていました。 野球やスキーもやっていました。
18歳になり免許を取ると車が欲しくなり、はじめての車を購入する。
当時、お金がないので、こげ茶色の中古車(トヨタのカリーナ)を購入。人気がないので安かった。
でも、嬉しくて嬉しくて、 毎日毎日、 来る日も来る日も 車の手入れをしていたものです。



また、お金おためて、アルミホイールを買ってドレスアップしたり、ソレックスやウエーバーのキャブレターを取り付けたりしていたものです。(キャブレターて今の人にはわからないと思います)
昔は、 日曜日しか 休みがなく、 土曜日の 夜から 車を いじっては、 少し寝て、 車を走らせ、 また、 車をいじって、そして、 日曜日は終わりです。 そんな日々を送っていました。でも、すっごく楽しかった。
そんな仲間の中でも、 僕の 車が一番綺麗で 輝いていた。 嬉しかった !!!!!
そんな車も、 売って欲しいということで 手放してしまうんですけど、 結構高く買ってもらった 記憶があります。
車を綺麗にして、乗っていると、高く買ってもらえるということがわかりました。
そうして、 何台か 乗り継いだ 時に、 ついに 黒色の クラウンを手に入れました。
僕らの年代だと思いますが、 「いつかは、クラウン」 というキャッチフレーズで宣伝されていて、憧れでした。
その車を 本当に いつもいつも 磨いていたものでした。



しかし 黒は すごく難しく、 今ほど 機械も コンパウンドも バフも いいものはなく、 すごく苦労しました。
どんなに磨いても、 どうしても 納得いかないんです 。
他人から、綺麗だねと言われても、ダメなんです。納得いかないんです。
磨きすぎて、塗装を剥がしてしまうこともあり、 大変悩みました。
手を替え品を替え 苦戦の 連続で そのうち やっと 満足できる ような 仕上がりが出来るようになりました。



しかし、こんなに苦労したり、 悩んだり していることが 、楽しいんです。
すごくワクワクするんです。 ちょっと変わってますかね  !!!!!   にっこり
今でも、 塗料は どんどん進歩し 固い 塗膜や 柔らかい 塗膜など いろいろ 出てきています。
塗装の厚さも変化してきています 理論はもちろんのこと 技術もどんどん進歩させていかなければならないんです。
まだまだ、 いろんなことを 勉強していかなければ いけません。
これでいいなんて言うことは ないんです
立ち止まれません   !!  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年11月15日 17:50  カテゴリ:エンドレス鈴木のQ&Aコーナー

ふと思った磨きと時間の関係



磨きに掛かる時間は施工店により非常に大きな差が在ります。

専門店でも1日施工を売り物にしているお店もありますが、当店では到底、時間が足りません。
まず、作業工程を見てみると、洗車次に鉄粉とり,これだけで約半日かかります。
その後マスキングに最低1時間、このあと磨きとコーティングをどうやって残りの時間で施工できるのでしょうか?

磨きを施工する際に鉄粉とリとマスキングは必ず行うべき作業です。
鉄粉を執らずに磨けばボデイに食い込んでいる鉄粉をバフが引きずり逆により深い傷をつけることになりますし、マスキングをせずに磨けばモールやゴムに傷をつけることになります、モールやゴムにバフが当たらないように磨けば際の部分は磨けていないことになります。

普通車セダンで13パネルといわれています。 磨きとコーティングをどうやって残りの時間で施工できるのでしょうか?
1パネル、何分で磨けばいいのでしょうか? 磨きの時間を4時間とすると、1パネル、約18分で磨きあげなければなりません。

これでは、ざっと傷をおとすための磨きか艶を出すだけの磨きかのどちらかになってしまいます。
傷を落とす為の磨きですと粗いコンパウンドを使用するため細かい傷が残ってしまいます。
艶を出すだけの磨きですと傷が残ってしまいます。

仕上がりのいい磨き=時間です。

軽い磨きであっても3回は磨くことが必要です。
磨きとは傷の置き換えです、傷を取るためにバフを掛ければそのための傷が入りますその傷を取ればそのための傷が入ります、このようにしていかに目に見えない細かい傷に置き換えていくかが磨きですので、きちんとした仕上がりにするには時間が絶対必要です。
一見きれいに見える仕上がりも工程を省略した磨きでは目に見えない傷が多く残っているので曇りの原因になってしまいます。
傷が残っているということは光が乱反射しますので光沢感はあまり出ません。また、白ボケしたように見えます。
時間をかけて仕上げられた車と並べれば一目瞭然です。

このように基本的には時間と仕上がりと料金は相関関係にあります。
きちんとした仕上がりをお求めになるのでしたら、それなりの時間と料金がかかるものだと思います。  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年04月15日 17:30  カテゴリ:エンドレス鈴木のQ&Aコーナー

最近、巷でよく耳にする鏡面磨きて、 何 ???



見ていると、とりあえず輝いていれば鏡面磨きみたいな~
これ見よがしにYuoTubeなどに動画投稿していますが、それで鏡面磨きになっているのでしょうか ?


また、あるFC店では、キズのエッジ部分を取るとともに、塗装面全体が滑らかになるように磨き、鏡面状態にする研磨塗装の厚みはほぼ変わらない。などと説明している。



まず膜厚が変わらないのに鏡面なんかになるわけがない !!!



そもそも鏡面を作り出すためには、クリアー層(塗装表面)の柚子肌を改善してあげる必要があります一番確実なのはペーパー掛けとなります

然し、ペーパー掛けをしてから仕上げまでの段階は、現在の非常に硬いクリアー層などでは、時間とスキルを必要とします。

つまり、かなりの時間がかかってしまいますし、車種によっては膜厚が薄くなりつつある現代の塗装(クリアー層)においては膜厚減少による弊害も懸念されます・・・


そこで最近では、ペーパーを掛けずにある程度の鏡面を作り出すことを目的としたポリッシングが一部、匠の間では可能となっています


これを可能とする最大の武器がシングルポリッシャーです!



詳しい方は知っていると思いますが、板金塗装工場では、再塗装後の塗装肌を、オリジナル塗装と同じような状態に整えなければなりません

この際使用されるポリッシャーにダブルアクションポリッシャーはぜったいあり得ません・
シングルポリッシャーも非常に高トルクの物を使用します。

しかも組み合わされる。バフやコンパウンドも、非常に研磨力の強い粗いものが使用されます


ここまでリスクを冒さないと、柚子肌改善は絶対に不可能です。



しかし、多くの施工店が鏡面磨きと称して使用しているポリッシャーはダブルアクションです。


良くてもシングルの非常にトルクの低いポリッシャーです。

残念ながら、これらのポリッシャーで柚子肌改善は絶対不可能


塗装表面を舐めているようなものです。


つまり、安全性を優先したようなポリッシャーで研磨しても、塗装の起伏(ラウンド)は改善されません。
つまり柚子肌自体は、何の変化も生じないということです。

悪気はなく鏡面と言っているのかもしれませんが、本質的鏡面にはなっていません、または、意味すら解っていない???

肌調整は、メーカーや車種によっても微妙に状態は違い、それを見極めながら最良の工程・バフとコンパウンドの組み合わせを探りながら行う必要があります。


それをアレンジできるだけの経験が必要となります。知識は当然のこととして、物を言うのは経験値です!数百台の経験があって初めてプロと言えると思います。


本物の鏡面磨きというものは、そう言うものだと思います
  
タグ :鏡面磨き


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年04月02日 11:37  カテゴリ:エンドレス鈴木のQ&Aコーナー

なぜ ? 製品モニター ダイヤモンドグレーズ G




なぜ ?
このように、オーロラマークやバフ目を隠すような製品が必要なのか ???

これには二つの理由があると思います。

私は、オーロラマークとバフ目はイコール(同じもの)だと思っています。これは、磨くときに入れてしまった傷なのです。

そこで、一つ目の理由は、この傷を消せない、見えていない。これには、いろいろな意見があると思いますので、省略させていただきます。

二つ目は、低価格での入庫。どうしても、価格に見合った仕事量(時間)しか割り当てられないため、不本意ながら手を抜かなければならず仕上がりもそれなりになります。それを、補ってくれているのが、このような製品なのです。たいへん、重宝しています。

どうして、磨きにそんな時間がかかるのかは、またの機会に書かせていただきます。

  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年03月12日 15:26  カテゴリ:エンドレス鈴木のQ&Aコーナー

素朴な疑問?  オーロラマークてなに ?


この写真は、ガラスコーティングを施工させていただいたお車です。
弊社では、新車でも必ず外装を磨きます。なぜなら、油がついていたり、細かな小さな傷が付いていることがあるからです。
磨かないとコーティングののりがわるかったり、後から傷が浮き上がってきたりして大変面倒なことになります。
女性の素肌が綺麗なところに化粧をほどこすと、すこぶるのりがいいのと同じだと思います。
車のボディーもすっぴんにしなければいけません。その時に、いろいろな機械(ポリッシャー)を使います。
そのなかで、シングルポイッシャーという機械で磨くと、均一で規則正しい傷がはいります。その傷をしっかり取り除かないと、後でその傷が浮きあがて見えてきます。
まるで、CDがボディーに何枚もくっついてまるで波ように見えます。
その傷こそが、まさにオーロラマークといわれるものです。
この傷(オーロラマーク)がはっきり見えるのが黒色(ブラック)です。
弊社では、オーロラマークを出さない、消し去る、まさにオーロラマークバスター
黒い車(ブラック)は綺麗に磨けば、艶も深みも増します。
出来上がった車は見ていて、自分で惚れ惚れし、感激します。
気持ちいい !!!!!  


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)