ブーログ › 愛知県岡崎市カーコーティング【艶ブラック鏡面磨き】板金塗装エンドレス

2017年04月15日 17:30  カテゴリ:エンドレス鈴木のQ&Aコーナー

最近、巷でよく耳にする鏡面磨きて、 何 ???



見ていると、とりあえず輝いていれば鏡面磨きみたいな~
これ見よがしにYuoTubeなどに動画投稿していますが、それで鏡面磨きになっているのでしょうか ?
また、あるFC店では、キズのエッジ部分を取るとともに、塗装面全体が滑らかになるように磨き、鏡面状態にする研磨塗装の厚みはほぼ変わらない。などと説明している。
そもそも鏡面を作り出すためには、クリアー層(塗装表面)の柚子肌を改善してあげる必要があります一番確実なのはペーパー掛けとなります
然し、ペーパー掛けをしてから仕上げまでの段階は、現在の非常に硬いクリアー層などでは、時間とスキルを必要とします。
つまり、かなりの時間がかかってしまいますし、車種によっては膜厚が薄くなりつつある現代の塗装(クリアー層)においては膜厚減少による弊害も懸念されます・・・
そこで最近では、ペーパーを掛けずにある程度の鏡面を作り出すことを目的としたポリッシングが一部、匠の間では可能となっています
これを可能とする最大の武器がシングルポリッシャーです!
詳しい方は知っていると思いますが、板金塗装工場では、再塗装後の塗装肌を、オリジナル塗装と同じような状態に整えなければなりません
この際使用されるポリッシャーにダブルアクションポリッシャーはぜったいにあり得ません・
シングルポリッシャーも非常に高トルクの物を使用します。
しかも組み合わされる。バフやコンパウンドも、非常に研磨力の強い粗いものが使用されます
ここまでリスクを冒さないと、柚子肌改善は絶対に不可能です。
しかし、多くの施工店が鏡面磨きと称して使用しているポリッシャーはダブルアクションです。
良くてもシングルの非常にトルクの低いポリッシャーです。
残念ながら、これらのポリッシャーで柚子肌改善は絶対不可能
塗装表面を舐めているようなものです。
つまり、安全性を優先したようなポリッシャーで研磨しても、塗装の起伏(ラウンド)は改善されません。
つまり柚子肌自体は、何の変化も生じないということです。
悪気はなく鏡面と言っているのかもしれませんが、本質的鏡面にはなっていません、または、意味すら解っていない???
肌調整は、メーカーや車種によっても微妙に状態は違い、それを見極めながら最良の工程・バフとコンパウンドの組み合わせを探りながら行う必要があります。
それをアレンジできるだけの経験が必要となります。知識は当然のこととして、物を言うのは経験値です!数百台の経験があって初めてプロと言えると思います。
本物の鏡面磨きというものは、そう言うものだと思います。
  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年04月11日 17:43  カテゴリ:塗装・磨き・コーティング日誌

ダイヤモンドコーティング

ダイヤモンドコーティングについて問い合わせがありましたので、説明のパンフレットを載せます。




  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年04月10日 17:59  カテゴリ:塗装・磨き・コーティング日誌

ヘッドランプ再生

車検で光量が足りなくて検査が受からないと TEL   なんとかして 

どこかの量販店で磨いてもらったらしいのですが、すぐに、この状態

は~い、わかっりました。 綺麗にしますね !


まずは、表面の汚い膜を落とします。
あれ? 真っ白、 だいじょうぶ ?


だいじょうぶでしたね ! 
完成 ! 新品みたいになりました !!!
感激ですね


  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年04月10日 17:33  カテゴリ:お知らせ

人生、初めて新聞に載りました !




  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年04月02日 11:37  カテゴリ:エンドレス鈴木のQ&Aコーナー

なぜ ? 製品モニター ダイヤモンドグレーズ G




なぜ ?
このように、オーロラマークやバフ目を隠すような製品が必要なのか ???

これには二つの理由があると思います。

私は、オーロラマークとバフ目はイコール(同じもの)だと思っています。これは、磨くときに入れてしまった傷なのです。

そこで、一つ目の理由は、この傷を消せない、見えていない。これには、いろいろな意見があると思いますので、省略させていただきます。

二つ目は、低価格での入庫。どうしても、価格に見合った仕事量(時間)しか割り当てられないため、不本意ながら手を抜かなければならず仕上がりもそれなりになります。それを、補ってくれているのが、このような製品なのです。たいへん、重宝しています。

どうして、磨きにそんな時間がかかるのかは、またの機会に書かせていただきます。

  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年03月25日 17:56  カテゴリ:実験してみました

感激!!! 製品モニター  ダイヤモンドグレーズ G




この製品、さっそく使ってみました。いいですね~



まず、プラスチック樹脂部品 ステップパネル(足元にある部品)よく足で擦ってしまいますよね? 白くぼやけたようになりますよね。ためしてみました!




新品のようになりました。感激です!!! 
手で触ってもベタベタせず、サラッとしています。変なギラツキ感もなく、自然な感じで気持ちいい。お勧めです!!!
プロだけでなく、簡単に誰にでも出来ると思います。
1度、試してみるのもいいですよ! アマゾンで入手可能のようです. そんなに高くないし。

また、いろいろ試してみて感想を書きます。


  


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年03月19日 08:18  カテゴリ:実験してみました

製品モニター








新しいメーカーからモニターの依頼がありました.
   


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年03月12日 15:26  カテゴリ:エンドレス鈴木のQ&Aコーナー

素朴な疑問?  オーロラマークてなに ?


この写真は、ガラスコーティングを施工させていただいたお車です。
弊社では、新車でも必ず外装を磨きます。なぜなら、油がついていたり、細かな小さな傷が付いていることがあるからです。
磨かないとコーティングののりがわるかったり、後から傷が浮き上がってきたりして大変面倒なことになります。
女性の素肌が綺麗なところに化粧をほどこすと、すこぶるのりがいいのと同じだと思います。
車のボディーもすっぴんにしなければいけません。その時に、いろいろな機械(ポリッシャー)を使います。
そのなかで、シングルポイッシャーという機械で磨くと、均一で規則正しい傷がはいります。その傷をしっかり取り除かないと、後でその傷が浮きあがて見えてきます。
まるで、CDがボディーに何枚もくっついているかのように見えます。
その傷こそが、まさにオーロラマークといわれるものです。
この傷(オーロラマーク)がはっきり見えるのが黒色(ブラック)です。
弊社では、オーロラマークを出さない、消し去る、まさにオーロラマークバスター
黒い車(ブラック)は綺麗に磨けば、艶も深みも増します。
出来上がった車は見ていて、自分で惚れ惚れし、感激します。
気持ちいい !!!!!  


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年03月05日 17:22  カテゴリ:実験してみました

興奮しますね~  試作品

先日、某メーカーから送られてきていたバフの試作品(磨きに使う)をテストしました。
ワクワク しますね!!!  まだ、だれも使っていない品のテストです。



しかし、ポリッシャー(磨く機械)のパット(台座)の大きさが違います。さー、どおする?
メーカーに ☎ ⇒  えー、 大きさに合わせて切り取ってくれ、ですって。



切り取った残り、無残だな。
でも、気を取り直してテストに入ります。結果は良好です。しかし、コンパウンド(磨き粉)の種類によっては✖
いろいろ試して、結果をメーカーに報告を入れました。


しかし、初めての品を手に取るとワクワク、ドキドキ ほんと興奮します!!!
塗装面も本当に素肌美人になって気持ちいい~!!!!!  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年02月26日 17:28  カテゴリ:塗装・磨き・コーティング日誌

ゆるせん!10円玉パンチでボディーに線傷を付けられてしまったフォルクスワーゲン ザ ビートルをピカピカに磨きました

今回、大変残念というか、憎むべきというかボディーに線傷をつけられてしまいまして。いわゆる、10円玉パンチというやつです。なぜこんなことを、するのかわかりません。自分の車がこのようにされたら、どう思うのか聞いてみたいです。しかしながら、お客様の傷ついた心とお車を少しでも癒せるよう、丁寧に修理をさせていただきます。




まず、塗装するのに障害となるようなものはなるべくはずせるものははずします。


傷の状態を見て、研ぎ落せる所は研ぎ落し平らにします。傷の深いところはパテを当てたりサーフェーイサーを用いて平らに仕上げます。


塗装用ブースに入れて、塗料やミストがかからないように慎重にマスキングをします。


熟練の職人が新車の塗装の肌のように綺麗に塗りあげます。
そして、ゴミなどがついていれば、丁寧に取り除き磨きあげます。この時、オーロラマークなど出ないように慎重に磨きあげます。


取り外した部品を元どうりに丁寧に組み付け、そして、ボディーコーティングを再施工しなおします。


何事もなかったように、きれいに仕上がったお車を見ていただいて、少しでも、お心が癒されたのなら幸いに思います。
二度とこのような事がないように、お祈りいたしております。
大切なお車とともにカーライフをお楽しみください。  


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年02月16日 18:53  カテゴリ:塗装・磨き・コーティング日誌

コーティング完了!素肌美人だと、コーティングののりも抜群です(フォルクスワーゲン ザ、ビートル)

他店で、数年前にコーティングをされていて、今回は弊社でコーティングの再施工の依頼を受けました。
経年劣化と多数の傷が見受けられます。




まず、洗車をします。鉄粉が付着しているのが見受けられるので、クリーナーでまず鉄粉を浮き上がらせて除去します。しかしながら、頑固な鉄粉が塗装に突き刺さっているのでねんどを使用して完全に除去します。少しでも残っていると、磨いているときに鉄粉が取れて逆に塗装を傷つけてしまいます。 丁寧に!


磨きで痛めたくないようなところは、しっかりとマスキングをします。また、磨きにくいところについている部品で、はずせるものははずします。もともと、自動車板金塗装専門店ですから。



塗装の状態の確認です。塗装の厚さを機械(膜厚計)使い確認し、傷の深さなどを考慮しながら、作業プランを練りながら磨きをしていきます。作業途中でも確認のため計測します。


磨き終わったら、脱脂洗浄します。しっかり脂分を取り除かないとコーティングが密着しなかったり、効果を阻害したりします。


コーティング完了!
素肌美人だと、コーティングののりも抜群です。



シルエットよし
写りこみよし
気持ちがいい !!!!!

  


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年02月12日 17:39  カテゴリ:塗装・磨き・コーティング日誌

興奮しますね!!!珍しい車、逆輸入車(トヨタのヴェンザ)磨き作業終了!

珍しい車が入庫しました。北米からの逆輸入車(トヨタのヴェンザ)です。かなり塗装の表面が傷んでいるので磨き作業の工程をねらなくてはなりません。しかも、黒(ブラック)腕の見せ所です。興奮しますね!!!




磨き作業終了! シルエットよし 写りこみよし





コーティング作業開始
  


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年02月12日 17:16  カテゴリ:塗装・磨き・コーティング日誌

燃えますね!フォルクスワーゲンのコーティング3連発!(ポロ ゴルフ×2)慎重に!

VW ポロ めずらしいホワイトパールです。白ですと傷じたいは、さほど目立たないのですが、新車でも、塗装の表面にて鉄粉、水垢や脂分がついていることがあり、洗浄だけでは取り除けないことが多々あります。そこで、エンドレスでは、必ずソフトポリッシュしてから、コーティング作業にはいります。




VW ゴルフ ブラックパール 特に慎重になります。  燃えますね!!!




VW ゴルフ オールトラック ブルーパール 慎重に!!!




新車のコーティングはお客様にお渡しする前に施工いたしますの、特に慎重の上に慎重を重ね丁寧に取り扱っております  


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年01月28日 17:33  カテゴリ:塗装・磨き・コーティング日誌

磨きこまれ完成された綺麗な車は、美しく、かっこいい!(ダイハツ・ムーブの磨きコーティング)

エンドレスによって磨きこまれ完成された綺麗な車は、美しく、かっこいい !
ちなみに、この車は10年前の車です。


磨きやコーティングは単純に見えますが、もの凄く奥が深く簡単ではありません。



塗装に配慮し、ミクロ単位の研磨で美を追求します

日々、努力研究し進化しつずけるポリッシュングシステム。   永遠に !!!!!
  


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年01月25日 18:24  カテゴリ:塗装・磨き・コーティング日誌

ボディーコーティング施工 ゴルフトゥーラン(フォルクスワーゲン)

ボディーコーティング施工する前に、きれいに洗車


室内に入れて、すみずみまで、拭き取り。


太陽光ライトを当てて、隅々まで傷などの確認。


ボディ全体をソフトポリッシュ 新車は傷などが少ないが磨きは欠かせない。


もう一度、洗車。  最後に純粋な水をかけて、流す。


もう一度、室内に入れて、すみずみまで、拭き取り。さらに、エアーブローで完全に水切る。


養生(マスキング)をしてコーティング  


完成  隅々まで検査  納車(^_^)/~

  


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年01月23日 18:07  カテゴリ:塗装・磨き・コーティング日誌

またまた黒です。大嫌いな、静電気!!!!!ワーゲン ポロの磨き

きれいに塗れました。塗装の肌もバッチリ。



しかし、静電気で細かなゴミが!!!!!  アアー



完璧に磨きこみ! 磨き傷なし、オーロラマークなし、写りこみOK



組み付けOK  納車いってらっしゃい (^_^)/~


  


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年01月20日 18:17  カテゴリ:塗装・磨き・コーティング日誌

嫌な、静電気 ワーゲン ビートルの磨き

冬は、どうしても、静電気によりゴミやぶつがつきやすく嫌になります。



黒なので、磨くのに気を遣います。さあ、がんばるぞ。



完成! バフ目(磨き傷)もなし。オーロラマークもなし。写りこみ完璧。  


Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年01月15日 18:07  カテゴリ:日常・趣味のこと

雪国ですか?

朝起きたら、びっくり !!!





雪国の人は大変だと思います。  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年01月12日 18:24  カテゴリ:日常・趣味のこと

萩焼のおはなし

萩焼を購入したとき聞いたお話です



湯のみ茶碗の下、欠けているように見えるでしょ。


実は、わざと欠けているようにしているのだそうです。
むかしは、殿さまとか偉い人しか使えなかったそうです。
庶民が使えるように、わざとキズものにしたそうです。
だから、今でも欠けているように作るのだそうです。


豊田スタジアムで開かれている、全国大陶器市は15日の日曜までなのでもう一度行きたいのですが、雪がしんぱいです。

  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)

2017年01月08日 17:32  カテゴリ:日常・趣味のこと

全国大陶器市に行きました

豊田スアジムで、開かれている、全国大陶器市に妻に誘われ行ってきました。


さー、どんな陶器があるか楽しみです。



石川県の九谷焼です。妻に言われ始めて本物を見たのですが、素晴らしいの一言です。
いろいろ迷ったのですが、清水の舞台から飛び降りたつもりで、購入しました。一目ぼれです。



山口県の萩焼です。これも、一目ぼれです。急須、変わっているでしょ。始めて観ました。 
  

Posted by エンドレス鈴木 │コメント(0)